2019年01月20日(日)

知と遊ぶ

少々前に話題になった、例の幼稚園

あの幼稚園の教育内容を見てみると、愛国主義的であって私は好きではなかったのですが

とても興味深い教育方法をとっていました。

古文、漢文などの古い書物を朗読させるのです。

当然、読んでいるのは幼稚園に通うお子様がたなので、その意味などわかりません。

わからないもの、理解できていないものなのに、それを読み続けていると

小学生になる頃には、その意味を独自に理解できているというのです。

 

実は私も同じことがありました。

お祓いの時に読む『祓詞』というものです。

師匠から祓詞の発音だけ教わりました。

それの内容や意味を聞くと「そんなもの、やってりゃ分かる」という

いつも通りのぶっきら棒な返答でした。

 

私は「教えてくれないのに、『やってりゃ分かる』なんて」そんなことはないと思っていました。

が・・・

お祓いをし、その度に祓詞を読んできて、1年も経たないうちに

誰に教わることもなく、祓詞の内容も意味もすべて理解できてしまいました。

 

これは、多くの哲学者が語っていることでもあります。

私たちは父親と母親の遺伝を受けて生まれてきます。

容姿が両親に似ているだけではなく、性格や考え方も似ていたりしますよね。

DNAは両親からのコピーなのですから、DNAの中には両親のデータが入っているわけです。

ではその両親のDNAはどうなんでしょう?

当然ですがそれは祖父や祖母からのコピーでありデータなわけなんです。

更にさかのぼっていけば、私たちのDNAのなかにはご先祖様のご先祖様のご先祖様の・・・

遥か昔のデータも残っているのでしょう。

その中には、もしかしたら古文や漢文を普通に使っていた時の記憶とかもね

 

宇宙(時空)の形は螺旋をしています。

DNAも螺旋状に繋がっています。

これは、人間は宇宙(時空)から生まれた証と言ってもよいのでしょう。

 

目は光データを受信する期間です。

それを理解しているのは脳ですね。

脳が世界をどう理解するかで、世界はそれぞれの形に構築されていきます。

ということは世界は脳の中にあると言ってもよいのでしょう。

 

要約するならば、私たちの中には人類の記憶や世界や宇宙の深層や謎など、この世の全てが入っているのです。

それを探し当てれば、読み解くことができれば、この世の全ての答えはでることでしょう。

あ、いや、この世を超えたあの世の事ですら分かるかもしれませんね。

 

私は全てを知っています。

私は全ての事に答えを出すことがでします。

もしか知らない事でも、考えれば答えが出てきます。

 

皆さんも、自分の知と遊んでみませんか?

きっといろんなことが見えてきますよ。

 

この記事を読む

1 / 53612345...102030...最後 »

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY