2022年12月04日(日)

毒を食らわば皿まで

ダビデの星は正三角形と逆向きの正三角形が重なった星の形で六芒星とも言わる図形ですね。
これはキリスト教の紋章で、正三角形は男性、逆向きの正三角形は女性をあらわし
ダビデの星自体は『完成』という意味合いがあるそうですね。まぁ、諸説あるのですがw

またフリーメイソンの紋章も六分儀(コンパス)と角定規の重なり合ったもので、これも六芒星の形をしていますね。

要するに三角形の『3』というのは男性もしくは女性であり人間を表している数字となります。

超有名新世紀ロボットアニメ内で出てきた『MAGI』と呼ばれるスーパーコンピューターは
開発者自身の3つの立場、『女性としての自分』『母親としての自分』『科学者としての自分』
それぞれの思考パターンがせめぎ合って答えを導き出すというシステムでしたね。

これって、アニメでありながら、人間もこれに似た感じで答えを出しているのではないだろうか?
人間としても社会人としても未熟者な自分でしたが、その場面を見ていた記憶があります。

実際に人の思考を3つのパターンに分けるとしたら・・・

大前提として『自分・自我』=『男性性』=『女性性』でしょうね。
自分や自我というのは絶対に外せない部分でしょうし
男性の中にも女性性はありますし、女性の中にも男性性はありますからね。
もうすこし発展させて考えるのでしたら。

『自分・自我』=『肯定的思考』=『否定的思考』
『自分・自我』=『理想主義』=『現実主義』
『自分・自我』=『先天的思考(運勢)』=『後天的思考(行動)』
『自分・自我』=『善』=『悪』

他にも考えればいくつものパターンが出てくることでしょうが
『自分・自我』のあとに続く2項目は必ず陰陽になるということです。

人を愛するというのは、その人自身のすべてを
善も悪もすべて受け入れる事なのかもしれませんね。

「彼のどこが好きなの?」

「えぇと、見た目がよくて、お金持ちなところ」
「でも性格はキライかな」

これではダメだという事です。
では、イケメンでお金持ちで性格も良い男性を探せば良いという事でしょうか?
そうではありませんね。
愛するという事がどういうことなのかがわかれば、答えは出てきますね。

恋愛ではなく大きな事で「愛は地球を救う」というのが本当であれば
それは一体どういうことなのでしょうね?
習ちゃんも、プーちゃんも、痴呆大統領も、べーやんも、キッシーも、法律も、世間の常識も・・・

あ、いやいや、無理だは
絶対に愛せないは・・・、私もまだまだ修行が足りないな

この記事を読む

1 / 78312345...102030...最後 »

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY